年間維持費

合同会社で必要とされている年間維持費に関する内容


現在では会社を設立する手段としては、かつての古い時代と比較した場合では、かなり緩和されている部分があり、設立すること自体が簡単にできるようになりました。例えば株式会社の場合でも、必要とされている資本金の下限額が撤廃されており、有限会社という仕組みが無くなっていますが、新しい会社組織として合同会社というものも用意されています。今日、注目されている合同会社ですが、会社を設立するためには一定の知識を必要としています。しかし、元々が大きな資金を必要としていないこともあって、専門家に手続きを依頼することによって、誰でも簡単に合同会社を設立することが可能です。そんな中、合同会社には最低限必要とされる年間維持費が発生することになります。第一に挙げることのできるものとして、地方税の均等割りに相当する年間7万円程度の出費が必要になります。その他に関しては、一般的な株式会社とあまり変わりはありませんが、合同会社の場合では比較的簡素化されている部分が多いために維持費が少なく済ませることができることでも知られています。例えば法人として不動産を取得している場合では、不動産に掛かる固定資産税を必要としていて、営業車などを有している場合では、自動車について必要とされている車検代や自動車税などを支払う必要があります。一般的な部分としては、会社の経費として処理することが前提となりますが、事務所を借りている場合では、家賃を支払うことが必要になり、同時に水道や電気料金などの光熱費も大切な項目になります。また、合同会社の事業内容によって大きく変わることになりますが、例えば食品製造を行っている事業所ならば、食品を製造するために必要とされている厨房機器にかかるコストや、維持費が必要になります。また、物品を仕入れて販売、若しくは卸し業務を手掛けている場合では、商品を在庫しておくことについても一定の維持費がかかる場面も見られ、仕入れ時に支払うことが必要な代金も発生することになります。個人事業の場合では、売り上げとなる収入から、かかった経費を除いた部分については利益として確保することができますが、その部分については課税対象となってしまいます。そのため、ある程度の売り上げを定期的に確保することができ、尚且つ信用度というものを高めたい方の場合では、合同会社を設立した方が税金対策としては得策となるケースがあります。さらに発展させた場合では、株式会社にすることも自由に行うことができます。”